ブレインストーミング攻略マップ

ブレストにはコツがある

いいアイデアが必要だったので、チームでブレインストーミングをやってみたけれど、いまいちうまくいかない・・・そんな状況で困ったことはありませんか?

アイデアを出す手法として一番有名なのがブレインストーミングなので、試してみる方も多いのです。しかし、「数人で自由にアイデアを出し合う会」というだけの理解でやってみても、

ありきたりな発想しか出てこない
アイデアよりも批評が多くなってしまう
一部のメンバーに発言が偏ってしまう

といった今ひとつパッとしない結果に終わってしまいがちです。

もしそうなら、きっとこの記事が役に立つことでしょう。実は、ブレインストーミングで成果を出すためにはちょっとしたコツがあるのです。この記事でそれを紹介しますので、うまく行かないときには試してみてください。

ブレインストーミング攻略マップ

「アイデアを出すためにブレインストーミングという方法が役に立つらしいのでやってみたい。でも何からどうやって始めれば良いのか見当がつかない」という方に、まず見ていただきたいのがこの「ブレインストーミング攻略マップ」です。

「ブレインストーミングをしてみよう!」と思ったときはまず「ブレストの4つのルール」を知ってください。いきなりすべてを実践するのは難しいのですが、読むだけなら数分で済みます。

ブレストの4つのルールを知っておこう

ブレインストーミングの4つのルールは、判断遅延/突飛さ歓迎/質より量/便乗展開」です。詳しくは→ブレインストーミングの基本4箇条

4つのルール自体は簡単なものですが、どんな手法もルールを知っただけでは役に立ちません。何度も繰り返して試すことで、少しずつうまくできるようになっていくものです。そこで、ルールを知ったらいよいよ実践してみましょう。

ルール1つだけで始める基本ブレスト

まずは「基本ブレスト」という一番ベーシックな方法を試します。4つのルールのうち1つだけを使うブレストですが、ちょっとしたコツがあります。

最も重要なルール1つだけに絞ってブレスト

ブレストで「役割ツール」を使う効果とは?

4つのルールを忘れがちなときは、役割のツール化をしてみると効果があります。

ブレストで「役割ツール」を使う効果とは?

ゲームで楽しくみんなのブレスト脳を鍛えよう

たとえば数人以上の社員や学生のアイデア発想力を引き出したいとき。堅苦しく考えずに大勢で楽しみながらブレスト体験をして欲しい、そこでアイデア創出のスキルアップをしつつ、いいアイデアが出てきてくれたらうれしい、という場合もあることでしょう。そんなときはゲーム形式でアイデア創出ワークショップを運営するのがお勧めです。

変形ブレストが役に立つときもある

実はブレストといっても、状況に応じて少し違った形で進める「変形ブレスト」と言える方法がいくつかあります。基本ブレストでうまくいかない、物足りないときはこれも試してみましょう。

「書くブレスト」Brain Writing

普通のブレストは「喋る」ことで行いますが、たとえば「喋るのが苦手な人がいる」「文字や絵で書いた方がよいテーマである」などの場合は「書く」ブレストが役に立ちます。

フリートークを刺激にするFree & 3

数人でのフリートークの後、1人で「書く」という方法もあります。

1人発想と集団発想を交互にするZebra BS

1人発想と集団発想を交互にするブレストです。

理想と方法を分離する2段階BS

理想と方法を分離するブレストです。