アイデア創出攻略ガイド

最も重要なルール1つだけに絞ってブレスト

ブレインストーミングの基本ルールは4箇条ありますが、最も重要なのは「判断遅延」です。4つのルールの重要度を単純化すると下図グラフのようなイメージです。

つまり、「判断遅延」だけでもブレストの質は大いに改善するということです。

この「判断遅延」のルールだけを使って「1人で」のブレストを比較的簡単に実施できる方法を紹介しましょう。

初歩の1人ブレスト実施法

まず、時間を決めます。たとえば20分なら20分と決めて、「良い悪いの判断は後まわし。20分間は思いついたことをすべて書き出す」と明確に自分に宣言します。そしてその決めた時間はアイデア出しを実行します。

通常、初めのうちは数としてはたくさんのアイデアがでてきますが、そのほとんどは平凡な、ありきたりのものです。それがだんだん出てこなくなり、出尽くしたと感じられるようになりますが、実はそこを越えた後で「いいアイデア」が出てくることが多いので、出尽くしたと感じても最初に決めた終了時刻までは続けるようにしましょう。また、終了時刻が来てもまだアイデアが出てきそうなら、「プラス10分間」のようにやはり明確に時間を切って延長してもかまいません。

「アイデアが出尽くした」と感じられる「死の谷」のような段階は、越えなければならない壁です。そこで諦めずにもう一押しすることが大事です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です