アイデア創出攻略ガイド

ブレインストーミングの基本4箇条

ブレインストーミングの基本ルールは「判断遅延」「突飛さ歓迎」「質より量」「便乗展開」です。それぞれどんな意味なのかを確認しておきましょう。

判断遅延

「判断遅延」のルールは、「批判禁止」とも言います。これがブレストでは最も大事です。
判断というのは、アイデアに対して「良い/悪い」といった評価をすることです。ダメな例を挙げるとこんなイメージになります。

せっかくアイデアを出しても「それは無理そう」「おもしろくない」といったネガティブな判断をされると発想を萎縮させてしまいます。
逆に「いいね!」「おもしろい!」といったポジティブな判断は、のびのびとした発言を誘う効果があってとても大事です。しかしそれが行きすぎて「これが最高!」のように思うとそこで考えを止めてしまうことがあります。「早すぎる満足」とでも言えそうですね。
ですので、ネガティブ/ポジティブを問わず「判断遅延」を心がけてください。

判断はアイデアが出尽くした後にする!

これがブレインストーミングの第1のルールです。成功パターンはこんなイメージになります。

これがブレインストーミングでは最も大事なルールですので、最初はこの1つだけを意識してやってみてもかまいません(参考→最も重要なルール1つだけに絞ってブレスト)。

突飛さ歓迎

「突飛さ歓迎」のルールは「自由奔放」とも言います。
文字通り、突飛なアイデア、変なアイデアを歓迎しようということです。突飛なアイデアの大半は使うことができません。しかしよく見てみると、モノや動き、価値性、視点など、何らかの新しいところがあります。

そのアイデアの未成熟なところではなく、新しいところに目を向けましょう。突飛なアイデアが種になってそれが大きく広がっていくことがよくあります。

突飛なアイデアが便乗展開を刺激する

後でほとんど捨てることになる突飛なアイデアも無駄ではありません。思考の多様性を生み出す大事な役割があるのです。

質より量

「質より量」のルールはつまり「質にこだわらずにたくさん出そう」ということです。

人間が思いつくアイデアは、はじめのうちは当たり前なものばかりです。誰が考えてもたいてい思いつきそうなこと、どこかでもう実現していそうなこと、などです。そんな、普通は「おもしろくない」とすぐに自分でボツにしてしまうアイデアも、どんどん喋ったり書いたりして頭の外に出してください。

外に出すことなく頭の中でボツにしていると、そうした平凡なアイデアが何度も現われて次第に同じことしか浮かんでこなくなります。口に出すなり、紙に書くなりして「頭から追い出す」と、ようやく次のアイデアが浮かんでくるようになります。良いアイデアが浮かばない、と思ったときには、思いつくことを書き出してみると新しいアイデアが次第に思い浮かぶようになるでしょう。

人間の独創的なアイデアは、手前にある見つけやすいアイデア(当たり前のアイデア)の奥のほうにあります。そのため、まずは「手前にある見つけやすいアイデアを出し尽くす」必要があります。そうすることで、見つけやすいものがどんどんなくなり、奥のほうにある見えにくかったアイデアを見つけられるようになります。

人間本来の創造力が働くのは、「アイデアを出し尽くしてもうこれ以上出ない」と感じるゾーンに入ったときです。出し尽くしたと感じるところからさらに考え抜いて、あと10個アイデアを出すようにすると必ず良いアイデアが見つかるはずです。

便乗展開(発展)

「便乗展開(発展)」のルールは「結合改善」とも言います。
簡単にいうと、「既出のアイデアをヒントにしたり組み合わせたりして、より良いアイデアを作ろう」ということです。

ほとんどの場合、1つのアイデアの周りには派生するアイデアが5~10個くらいあります。それらは似ていますが、さらに連想させていくとまったく別のアイデアにたどり着きます。すでに出たアイデアの周りに潜む発想も明示的に拾い上げていくことで、可能性が広がります。

1人で考える場合、ほかの人に便乗ということはできませんが、自分がすでに出したアイデアから、発想の材料を得て、アイデアを出すようにします。

少し違えば別のアイデア、という姿勢で、ちょっとだけ違うアイデアもつくっていきます。

4箇条の1つだけでもかまわない

以上、これがブレストの基本4箇条です。「ルール」といっても本質的には束縛をするものではなく、「創造的なアイデアを作り出す活動のガイドライン」です。あなたの思考を創造的になるようにガイドしてくれるのがこの4箇条です。

ですが、4箇条のすべてではなく、まずは気に入ったもの1つだけを参考にしてみるだけでも結構です。人は一度にたくさんの新しいガイドラインを利用しようとすると、逆にパフォーマンスが落ちてしまいます。1つを意識するだけでも、アイデア発想力は高まります。

最も重要なルール1つだけに絞ってブレスト

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です